人口問題研究 70-2 特集:地域別将来人口推計・世帯数の将来推計 全国将来人口推計 - 国立社会保障・人口問題研究所

人口問題研究所 人口問題研究 地域別将来人口推計

Add: zawalyb47 - Date: 2020-12-14 19:14:19 - Views: 6303 - Clicks: 4543

人口の動向日本と世界() - 人口統計資料集 - 国立社会保障・人口問題研究所 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. ランキングは、(1)国勢調査による平成17年-22年(年-10年)の人口増減率、(2)国立社会保障・人口問題研究所「日本の地域別将来推計人口」(年3月)、(3)日本創成会議による全国市町村別「20~39歳女性」の将来推計人口(人口移動が収束しない前提)の3. 25: 339: 日本の世帯数の将来推計(全国推計) -(平成27)年~(平成52)年-. 総務省「国勢調査」によると、年の総人口(年齢不詳人口を除く)は1億2,520万人、生産年齢人口(15歳~64歳)は7,592万人である。 14歳以下の推計人口は1982年から連続して減少が続いており、少子化に歯止めがかからない実態が改めて浮き彫りになっている。. 国立社会保障・人口問題研究所では,過去7回にわたって都道府県別世帯数の将来推計を公表してきました。 今回は (平成26)年4月に実施した推計 に続く8回目の公表であり,前回に引き続いて家族類型別に推計を実施しました。. 地域人口の将来推計における出生指標選択の影響 : 都道府県別の分析 (特集 地域別将来人口推計・世帯数の将来推計) 山内 昌和 人口問題研究 70(2), 120-136, -06. 人口問題研究 出版者 国立社会保障・人口問題研究所 詳細表示 タイトル (title) 人口問題研究 並列タイトル (alternative) Journal of population problems 出版地 (publicationPlace) 日本 出版者 (publisher) 国立社会保障・人口問題研究所 別フォーマット(ISSN) (hasFormat:ISSN.

特集Ⅰ:地域別将来人口推計・世帯数の将来推計 特集Ⅱ:全国将来人口推計とその応用に関する研究(その3) /06: 第3号(№290) 特集:第18回厚生政策セミナー「国際人口移動の新たな局面~『日本モデル』の構築に向けて」 /09: 第4号(№291) 特集Ⅰ. 1~19,年3月刊行分まで) 人口問題研究資料(No. 人口問題研究 70(2), 120-136, -06. <本報告(世帯数の将来推計)に関するお問い合わせは下記まで> 国立社会保障・人口問題研究所 担当:人口構造研究部 人口問題研究 70-2 特集:地域別将来人口推計・世帯数の将来推計 全国将来人口推計 - 国立社会保障・人口問題研究所 電話代表) ※資料の閲覧等については当研究所図書室まで. 79~80 特集Ⅰ 地域別将来人口推計・世帯数の将来推計 特集によせて:国立社会保障・人口問題研究所の 将来人口・世帯推計 鈴木 透 国立社会保障・人口問題研究所は年1月に全国の世帯数の将来推計を,3. 国立社会保障・人口問題研究所の40年までの将来推計によると、高齢者数は30年に約350万人、40年には400万人を突破。40年の高齢化率は33.5%に. 毎月1日現在の人口(全国),毎年10月1日現在の人口(都道府県別) 人口推計: 住民基本台帳に基づく毎年3月31日現在の人口,世帯数(全国,都道府県,市区町村別) 住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数(総務省). 79~80 特集Ⅰ 地域別将来人口推計・世帯数の将来推計 特集によせて:国立社会保障・人口問題研究所の.

特集によせて:国立社会保障・人口問題研究所の将来人口・世帯推計:地域別将来人口推計・世帯数の将来推計 掲載日:発表元:国立社会保障・人口問題研究所 総アクセス数:112 pdf リンク切れ報告 / ブックマーク数(2) / 発表元で検索. 日本の世帯数の将来推計人口(都道府県別推計)―(平成31)年推計 国立社会保障・人口問題研究所 | /3/13 大型本. 地域人口の将来推計における出生指標選択の影響 : 都道府県別の分析 (特集 地域別将来人口推計・世帯数の将来推計) 山内 昌和. 1~38,年3月刊行分まで) 社会保障研究資料(No. 国立社会保障・人口問題研究所 .『日本の地域 別将来推計人口―平成~52()年― 平成25年3月推計(人口問題研究資料第 330号)』 国立社会保障・人口問題研究所. 西岡八郎・山内昌和・小池司朗 a.地方自治体. 国立社会保障・人口問題研究所が年1月に新しい将来世帯推計の結果を公表しましたので、そのデータも掲載しています。 世帯の家族類型は5つ. 国立社会保障・人口問題研究所は、平成27年国勢調査の確定数が公表されたことを受けて、これを出発点とする新たな全国人口推計(日本の将来推計人口)を行い、 平成29()年4月10日にその結果を公表しました。.

国立社会保障・人口問題研究所 情報調査分析部図書係 tel:fax:電子メールによるお問い合わせは、こちらから。. 3万人(年比 21%減)となる見込み。. (出典)国立社会保障・人口問題研究所「日本の地域別将来推計人口(平成25年3月推計)」より作成歳 15-64歳 65-74歳 75 84歳 歳以上 a) 山形県 b) 埼玉県. 国立社会保障・人口問題研究所の将来推計 2 によると、総人口は年には1億1,913万人、年に1億人を割り、年には9,284万人にまで減少すると見込まれている。. 327~339 特集Ⅰ:世帯推計 市区町村別世帯数の将来推計の試み ―静岡県市区町を対象として― 小池司朗・小山泰代 Ⅰ.はじめに. 70-2 国立社会保障・人口問題研究所は,国勢調査 が行われるたびに将来人口推計と世帯数の将来 推計を更新している。まず全国人口の将来推計 が公表され,それに基づき一方では都道府県 別・市区町村別といった地域別人口の将来推計. 実際、国立社会保障・人口問題研究所による「日本の地域別将来推計人口(平成25年3月推計)」によると、地方中小都市や過疎地など人口5万人. 口動向を長期的な視点からみると、国立社会保障・人口問題研究所(以下「社人研」という。)が発表し ている将来推計人口(平成24年)では、平成72年(年)の総人口は8,674万人にまで落ち込む と推計されています。.

Amazonで国立社会保障・人口問題研究所の人口問題研究 第70巻第2号(年) 特集:地域別将来人口推計・世帯数の将来推計 全国将来人口推計。アマゾンならポイント還元本が多数。国立社会保障・人口問題研究所作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 出所: 総務省「平成22年国勢調査」、国立社会保障・人口問題研究所「日本の地域別将来推計人口(平成25年3月推計)」から作成 年に総人口がピークを迎え、以降人口減少を経験。年で80. 31: 337: 日本の将来推計人口 -平成29年推計の解説および条件付推計-.

特集によせて : 国立社会保障・人口問題研究所の将来人口・世帯推計 1 全国世帯推計の方法論的諸問題 1 都道府県別高齢者人口変化の人口学的要因 1. 日本の地域別将来推計人口 -平成27()~57()年-. 日本の将来推計人口(平成29年推計)の調査データです。≫日本の将来推計人口(平成29年推計) 国立社会保障・人口問題研究所は、平成27年国勢調査の確定数が公表されたことを受けて、これを出発点とする新たな全国人口推計(日本の将来推計人口)を行い、 平成29()年4月10日にその. 日本の将来推計人口(平成9年1月推計) - 国立社会保障・人口問題研究所 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!. 28: 338: 人口統計資料集 :.

The Association of Japanese Geographers 本稿は,国立社会保障・人口問題研究所の『日本の地域別将来推計人口(平成25年3月推計)』の手法と結果について解説するものである.まずコーホート要因法による将来人口推計は,コーホートの安定的な経年変化を将来に延長することをその手法の基礎に置い.

人口問題研究 70-2 特集:地域別将来人口推計・世帯数の将来推計 全国将来人口推計 - 国立社会保障・人口問題研究所

email: ihelojed@gmail.com - phone:(976) 549-8586 x 8625

大相撲大全集「昭和の名力士」 時津山・北の洋・羽黒山(二代目)他 - ハレー彗星物語 長谷川一郎

-> 徳島県の社会科 過去問 2016 - 協同教育研究会
-> まっぷる ベストドライブ 東海・北陸 信州 2013

人口問題研究 70-2 特集:地域別将来人口推計・世帯数の将来推計 全国将来人口推計 - 国立社会保障・人口問題研究所 - 豊かな人生の実現 久保雅文


Sitemap 1

コーディネーショントレーニングテニス - 古代シチリア連想の旅 加藤静雄